TOPページへ戻る


はじめての人はまずは目次をクリック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジオ内は音量のメリハリが大切

バンド練習でスタジオに入ると、どうしても爆音で練習してしまいがちです。
大きな音を出すのは気持ちいいし、大音量の中でのプレイはライブと似た環境なので、練習としては効果的です。特に大きな音の中で自分の声を認識するのには慣れが必要ですから、実戦的な歌の練習になります。

でもそれと同じくらい私がオススメしたいのは、音を小さく絞っての練習です。
マイクやアンプのボリュームを普段より絞り、ドラマーは音があまり出ないスティックで叩く。
こうすることで、音が大きいときには気づかない、メンバー間のリズムのズレ、音程が怪しいところ、細かい演奏のニュアンスなどが把握できます。

もう一段階上の演奏レベルを目指すにあたり、音量を絞った練習はとても効果的です!

(byバイキルト佐々木)






スポンサーサイト

マーケティングをナメてはいけない

たとえばアナタがとある食品会社の開発部で働いていたとします。
その会社が、来年に社運をかけた新しいカップラーメンを発売することになり、アナタはその開発主任に任命されました。
そのときアナタが一番最初にしなければいけないこと、それは市場の調査ですよね。
どういったカップラーメンが人気があるのか、それこそ手当たり次第にいろいろな商品の味見をするべきです。
ユーザーがどのような味を好んでいるかを徹底的に調べて把握していないと、どんな新商品を開発すべきか分かりっこありません。

もうお分かりですね。
音楽の世界も全く同じなんですよ。

リスナーが何を求めているのか、どんなタイプの音楽が好まれているのかといったマーケットリサーチなくして、売れる音楽なんて作れるわけがないんです。

もちろん音楽活動には色々なスタンスがあって、自分が好きな音楽をひたすら追究し続けるのも一つの生き様です。

しかしバンドでプロデビューすることを目指す以上、マーケティングなしにはなにもできません。


今の御時世はインターネットという非常に便利なものがあります。
いろいろな音楽を聴こうと思ってCDを買いまくっていては、よほどの金持ちでない限りすぐに財政破綻してしまいますよね。
ぜひyoutubeなどをチェックして、今勢いがある音楽はどういうものなのかを、常に意識しつつバンド活動をがんばってください。

(by バイキルト佐々木)







テーマ : バンド
ジャンル : 音楽

プロになるにはコネと運?

プロになりたいという夢に対して、冷めた目でみる人はつきものです。
たいていそういう人が言うセリフで「プロになるにはコネと運でしょ」みたいなのがあります。
ようするに実力なんかじゃなくてギャンブルみたいなもんだからプロのミュージシャンを目指している奴がバカだといいたいのです。

ではプロになるには本当にコネや運が必要なのでしょうか?
答えはYESです。

まるでこのサイトの存在意義を根底から揺るがすような発言にも聞こえたかもしれませんが、まあ最後まで読んでください。

まず若い人に誤解している人が多いのですが、音楽業界というものは音楽の実力を公平に評価してくれるような世界ではありません。
大学受験のようにみんな公平に試験を受ける。
オリンピックのようにみんな公平に記録をつける。
専門学校で頑張ればプロになれる。
そんな世界ではありません。

なぜか?

それは音楽の世界がエンターテイメントの世界だからです。
より多くの人に「心地よい」「聴きたい」と思わせたもの勝ちなのです。
たとえば音楽の実力を公平に審査し、世界で一番歌の上手い人を決めたとします。
そしてみんなその人のCDを買いなさいと決めたとします。
そんな事が世の中に通るでしょうか?
リスナーは歌が下手でも自分がカッコイイと思ったCDを買う権利があります。
そう。音楽とはひとつの物差しで測るものではなく、人それぞれの好みなのです。
スポーツの世界などではもっとも実力ある人が金メダルをもらうべきでしょうが、音楽の世界ではもっとも人々に気に入られた人が金メダルをもらうべきなのです。

この事を別の見かたで見ると、人々に気に入られる事も実力のうちという見かたもできます。
人々に気に入られるにはどうすればよいか?もちろん気に入られるような音楽をする事も大事ですが、多くの人に知られる事がもっとも大事です。

では知られるためにはどうすればよいか?
前述のように、音楽業界ではあなたがどんなに実力があってもそれを公正に審査してくれる機関はありません。
という事はあなたの音楽を広めようと思っている人をいかにみつけるか、そしてあなたの事を知ってくれた人々の中にあなたの音楽が好みの人が何人いるか。
つまりコネと運も実力のうちなのです。
そしてここからが重要なのですが、コネと運は自分の努力で解決できるものなのです。

いわゆるコネですが、音楽をやる以前からコネをもっていた人などほとんどいないでしょう。
また、たとえもっていたとしても所詮は肉親が業界人とかいった1本のラインでしかないと思います。
コネとは強力な1本よりも、多少ほそくても複数のラインを用意する事で威力を発揮します。
つまり、今コネがなくても活動をはじめてからどれだけ多くのコネを作る事ができるかが重要なのです。
コネというものについてはまたそのうち解説したいと思いますが、このサイトを参考にバンド活動を進めていけば心配しなくともコネというものは自然にできていきます。

また、運についてです。
運といっても神がかり的な能力を身につけろといっているのではありません。
運とは何か?つまり確率の問題なのです。
あなたが売れる確率が現在1/100000だとします。基本的に分母である100000は減りません。
つまり運をよくするには分子である「1」をいかに増やすかなのです。
たとえばあなたが毎月ライブをやっていたとして、毎月のライブにきているお客さんがまったく同じだったとします。
あなたがいかに同じ人に何回もアピールしたとしても分子は増えないでしょう。
しかし毎回新しいお客さんの前でライブをする工夫をしたとします。そうすればライブをやるほど分子が増え、つまりあなたの事を気にいってくれる確率、つまり運がよくなります。
自分の活動がちゃんと分子を増やす事につながっているか常に考える事が出来る人、こんな人こそが真の強運の持ち主と呼ぶ事ができるでしょう。

プロを目指すならコネと運を否定してはいけません。
むしろコネと運を誇りにしましょう。

(by ワイルドバンド野郎)







テーマ : バンド
ジャンル : 音楽

おすすめ情報
プロフィール

band_de_pro

Author:band_de_pro
ライブハウスやホールをお客さんでいっぱいにするためのノウハウをガンガン解説します!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
質問はこちらまで!
バンド活動についての疑問が浮かんだら、ぜひとも下記フォームよりご質問ください。当サイト筆者陣が気合でお答えいたします。その際はより精度の高い回答をしたいので、(1)年齢(2)パート(3)バンド歴をご記入ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。